ウッドデッキ材について

ウッドデッキ用の木材を紹介していきましょう。

ウッドデッキ用の木材を選択する際には、耐久性(耐用年数)・価格・加工性(加工がしやすいか)の3点を見ていきます。

 

使用する木材は、次の3つに大きく分けられます。

 ・WRC(ウエスタンレッドシダー)

 ・SPF

 ・ハードウッド類

 

一つずつ長短所がありますので、特徴を把握しておきましょう。

まず、WRCは軽量で狂いも少ない為、加工性に富んでいます。

特融の甘い香りがありリラックス効果も期待できるようです。

最も素晴らしい点は、耐久性に優れていることで、腐りにくく高い防虫効果もあり、条件の良い場所であれば10年以上は持つでしょう。

デッキ材としては最適なものになります。

木材ごとに色のばらつきがあるので、塗料などで色を調整すると良いでしょう。

 

次にSPFですが、こちらは安価で加工性も良く、ホームセンターなどで入手することができます。

手が出しやすい木材と言えるでしょう。

しかし、それほど耐久性に優れているわけではないので、雨が乾かない場所や風通しが悪い場所などでメンテナンスを怠ればすぐに腐ってしまいます。

環境を整えたとしても、耐用年数は5〜10年ぐらいでしょう。

どのような環境に設置するかを考慮すること、また塗装などのメンテナンスを行うことが条件となります。

もし使用する場合には少量が良いかもしれません。

 

そして最後にハードウッドですが、こちらは、ウリンやイペ、サイプレス等の木材を総称したものになります。

水分を吸いこまないので、腐りにくく、耐久性に非常に優れています。

成長も遅い為、年輪がつまり大変硬くて重いのも特徴です。

したがって、他の木材に比べて切断に時間がかかり加工性という面においては大変でしょう。

しかし、無塗装でも20年以上の耐久性をもつものもあり、公共用のウッドデッキなどでは多く利用されているようです。

ささくれが出やすい・木のアクが出る等の特徴もあります。

他の木材に比べ値段は高価ですが、耐久年数やメンテナンスの手間を考えれば突出した価格ではないかもしれません。