寄せ植えについて

ガーデニングと言うと、寄せ植えがありますよね。

寄せ植えは、初心者も取り組みやすいですが、知れば知るほど奥が深いとも言われています。

 

色々な花や緑、低木などを組み合わせて一つの鉢に植え込んでいくのですが、様々なポイントがあります。

温度や日当たりなど育つ条件が同じ植物を組み合わせたり、反対に草姿や育ち方の違うものを上手に組み合わせたりと色々楽しめます。

また、補色で組み合わせれば個性的なイメージで仕上がりますし、反対に淡い色で揃えたり同系色の濃淡でまとめたりすれば優しいイメージになります。

このように色の組み合わせでも楽しめますね。

さらには、上に伸びる植物や横に伸びる植物、這う植物や垂れ下がる食物など様々な育ち方のものを組み合わせることで立体的にすることもできます。

簡単でありながら、芸術性やセンスも必要とするのがガーデニングです。

 

鉢植えでは、ある程度の深さまで土を入れたら、そのまま植えずにまずはポットのまま草花を並べてみます。

その段階で、様々な角度から見て背の高低や色のバランスなどを確認します。

配置が決まったら一つずつ植えていきましょう。

その後、花が終わってしまったり、株が成長し過ぎたりした場合など部分的に植えかえていきます。

このように定期的にメンテナンスを行い、全体のバランスを整えてあげると良いですね。

 

広い庭の場合においては、大きな葉や植木鉢・背景を「面」・美しいラインを描く植物やフェンスを「線」・細かな葉や花を「点」と捉え、何が足りないのかを考えるとよいでしょう。

全体的に、「線」や「面」を感じさせる植物を多く植えると、庭にリズム感やダイナミックな強弱を表現することができます。

ぜひ遠くから眺めても素敵なお庭を演出してみて下さい。