ウッドデッキの作り方

ウッドデッキのある庭、憧れますよね。

このウッドデッキ、実はキチンと設計すれば自分で作ることができます。

 

注意すべきは、初めに「企画」を必ず行う事です。

ウッドデッキを作るに当たって、必ず実現したいことは何か、ウッドデッキでやりたいことは何かを考えること、そして優先順位をつけていきます。

この企画がキチンとなされないと、外見だけ良くても実用性が損なわれていたり、反対に実用性だけを求めて、全体の雰囲気に合わないようなものが出来てしまったりとなりかねません。

せっかく作るのですから、重要なことは何かを見極めてから作業に入りましょう。

 

次に設計を行います。

完成イメージ図を描くに当たって、設置場所を決め障害物(例えば植木や配管・エアコンの室外機など)の場所を確認し、サイズを測っていきます。

そして、実際にどれくらいの大きさのものをどのように設置するかを決め設計図を作ります。

必要な時間と予算を把握しておくことも重要でしょう。

 

続いて準備を行っていきます。

まずは必要な道具を揃えましょう。

丸ノコ、バケツ、スコップ、インパクトドライバー、水平器、軍手などの工具、他にも木材や塗料、セメント、砂、砕石などの資材を用意します。

 

そして、施工です。

木材を図面通りにカットし、塗装します。

家の一定の位置を水平の基準とし、家側の一辺から大枠を完成させていきます。

水平と垂直には十分に注意してください。

あとは基礎を作り、床を張れば完成です。